ナノメートル粉體は規模化生産に達し、世界では業界のトップになっている

當社は先進的なプラズマ気相合成法を利用して、ナノメートル粉體の工業化生産、規模化生産を実現しました。會社には生産ライン合計48本で、日生産量は1ライン50kgもあります。

ナノメートル炭化チタン陶磁器粉

前の製品:ナノメートル炭化ケイ素陶磁器粉末 次の製品:ナノメートル炭化ジルコニウム陶磁器粉
  • ナノメートル陶磁器粉:TiC
  • 純度:>97.0%
  • 酸素含有量:<1.0%
  • 結晶形:立方構造
  • 平均粒度:50 nm
  • 比表面積:23 m2/g
  • 松裝密度:0.08g/cm3
  • 外観色:

    性能特徴:

      純度、粒徑、平均な分布、大比表(specific surface area)面積、高表面活性、松裝密度(apparent density of powders)、耐熱、抗酸化、高高強度高硬度熱伝導性、高靭性UVカット80%以上、導電性にも優れています。その上に、鋼鉄類金屬への化學惰性などの優れた性能も所有し、非常に応用価値のある材料です。

    主な用途:

    金屬基複合材料:

    1)磨料和磨具業界:炭化チタン磨料アルミナ、炭化クロム、酸化クロム、酸化クロムなどの伝統的な研削材料の代わりとして理想的な材料です。ナノメートル炭化チタン研削能力は人造ダイヤモンドと匹敵でき、コストが大いに減って、現在アメリカ日本ロシアなどの國ではすでに幅広く使われています。ナノメートル炭化チタン材料で製造された磨料、砂輪及び研削膏などの製品は研削効率を大幅に上げて、研削精度表面光潔度をアップすることができます。

     (2)接フィーラー鍍膜材料:現在世界で毎年觸頭材料に使われる銀は全部の4分の1を占めています。銀鍍膜材料ナノメートルTiCを適量に加われば、銀の用量を5%減らすことができるので、コスト節約の上に、複合鍍膜性能ももっと安定します。

     (3)金屬陶磁器複合鍍膜:金屬表面ナノメートルTiC陶磁器複合涂層を塗ることによって、機械耐磨耗性耐腐食性をあげますすでに靜態、動態及び劣悪環境で応用されて、基體を守って、部材の効率と壽命を向上させます。

     (4)切削刃物:ナノメートルTiC陶磁器硬膜刃物に応用することによって、刃物の耐磨耗性を上げる同時に、金屬基材靭性もそのまま変わらないです。その上に、切削時間の短縮と加工件表面精度アップにもなりますTiC含量20%30%ナノメートル晶粒が原料になっているA12O3-TiC陶磁器刃物は抗剝落性能に優れています

    粉末冶金分野:ナノメートル炭化チタン粉體粉末冶金陶磁器、硬質合金部品の原料例えば抽伸金型、硬質合金金型などに使います。ナノメートル炭化チタン基硬質合金は下記のような特徴があります

     (1)高硬度、普通はHRA90以上になる

     (2)耐磨耗性、磨損率;

     (3)良好な耐熱と抗酸化能力;

     (4)熱伝導性が良い、化學的な安定性が高い

    堆焊焊條:在堆焊焊條ナノメートルTiCを入れることによって、堆焊層硬度耐磨耗性が大幅に上がります。焊層硬度HRC値は50から60に上がります。その上に、對層溶接かつ水淬でも裂けません。

    ポリエステルPETG共重合: PETG材料の中で足を付ける炭化チタン(TiC)後、PETG材料は衝撃強度、耐熱性に優れ、熱封性は良くて、曲げない白く、耐キズ、耐防老化、靜電防止、耐薬品性に優れ、低抽出性、耐水解性、流動性がよくて、著色力が強く、成型加工しやすい、衛生的に良い(適合FDA)は、新世代の環境保護のプラスチック。

    陶磁器業界:

     1)バブル陶磁器:バブル陶磁器作物フィルターは各種流體の中の不純物を有効に除去することができます。TiCバブル陶磁器酸化物陶磁器より強度、硬度、熱伝導、導電、及び耐熱性能が優れていますので、設備高質のバブル陶磁器にもっと適します。

     2)熔煉金屬坩堝:TiC陶磁器面心立方結晶形で、高融點、良い熱伝導性能、化學安定性、加水分解しない良い高溫抗酸化性という特徴を所有しているので、TiCで作られた坩堝はサイズが安定するし、私用壽命ももっと長いです。

    注意事項

      乾燥した涼しい場所に保管し、重圧を避けるようにしてください。表面処理されていない粉體は水分を吸収した場合固まるので、分散性能と使用効果に影響しないように、使用する時空気の中で曝さないでください。








橘梨纱番号star-409快播